押し寄せる波のように

No. 2

【タイトル】
 創作 『押し寄せる波のように』

【学部・名前】
 文学部 大谷馨

【釈文】
 Like as the waves make towards the pebbled shore (以下省略)

【コメント】
 大学四年の時間の過ぎ方を、波を題材にした英詩に合わせて考えてみました。ご批評お願い致します。

  

タイトルとURLをコピーしました