伝小野道風「継色紙」

No. 21

【タイトル】
 臨書 伝小野道風『継色紙』

【学部・名前】
 経済学部 田中麻里衣

【釈文】
 くるゝかとみればあけぬるなつのよをあかずとやなく山ほとゝぎす むめのかのふりおくゆきにうつりせばたれかはゝなをわきてをらまし あしひきの山した水のこがくれてたぎつこゝろをせきぞかねつる われみてもひさしくなりぬすみのえのきしのひめ松いくよへぬらん わたつみのかざしにさけるしろたへのなみもてゆへるあはぢしま山 きみをおきてあだしごころをわがもたばすゑの松山なみもこえなむ めづらしきこゑならなくにほとゝぎすこゝらのとしのあかずもあるかな

【コメント】
 2年の時に書いた継色紙、今回は当時気に入ったものを集めて書きました。枠線を手書きで挑戦したのですが、斜めなのはご容赦ください…ここが一番難しかったです。

  

タイトルとURLをコピーしました